リフォームのポイント

主婦の方にとって1日のうち多くの時間を過ごすキッチンはとても大切な場所。使い勝手のよさが求められます。
憧れのキッチンリフォーム、実行前には念入りにプランを練ることが重要です。IHクッキングヒーターエコキュートがおすすめです。

動線計画

動線計画とは室内や部屋相互、あるいは建築、都市などにおける人間や物などの運動、移動の軌跡、あるいは運動量、方向、時間的変化などをあらわした線のことです。
台所は下ごしらえ、調理、盛り付け、配膳、食事、後片付けまでの一連の作業がスムーズにできるよう効率的な配置にすることが大切に成ります。

ワークトライアングル

「シンクの中心」、「加熱調理機器の中心」、「冷蔵庫の中心」を頂点とする三角形のことです。
3辺の総和は360cm以上600cm以下が適当とされています。各辺の距離が長すぎると無駄な動きが多くなり、短すぎるとスペースが不足して効率が悪くなります。

キッチンのタイプ

  • 独立型キッチン… L+D+K、またはLD+Kでキッチンが孤立しているタイプ。
  • ダイニングキッチン… L+DK、食堂兼台所のことで調理と食事が一緒にできるタイプ。
  • リビングダイニングキッチン… LDK、居間と食堂と台所が一緒になったタイプ。

※L(リビング)、D(ダイニング)、K(キッチン)

キッチンのレイアウトパターン

I型キッチン
シンクと冷蔵庫、加熱調理機器が一直線に並んでいるタイプ。
ワークトライアングルから考えると600cmまでは配置可能ですが、使い勝手を考えると360cm以内がいいでしょう。
II型キッチン
キッチンを前後2方向に並べるタイプ。
2列の間隔は、1人なら90cm、2人なら110cm程度必要。作業動線が短いので作業がしやすく、収納もたくさんできる。
L型キッチン
部屋のコーナーに調理場所をL型に配したタイプ。
シンクとコンロが両端にあっても割と動きやすく、使い勝手もいいでしょう。
U型キッチン
全てがU型に配置されたタイプで、面積が最も大きくなることから非常に作業のしやすい形といえます。
ただし、暗くなりがちなので照明を工夫します。
アイランド型キッチン
一部がキッチンの中央に独立してるタイプ。
例えばシンクなどが独立してると複数人で洗い物などの作業がしやすいといえます。

キッチン扉の材質

ステンレス 耐熱、耐水、耐久、対汚性 キズがつきやすい
突き板(木材) 年数が経つにつれ味わいが出る 木目をそろえるのが大変
ホーロー 耐久性、対汚性、キズがつきにくい ひびが入り錆びを生じることがある
メラミン化粧合板 キズがつきにくい、汚れが簡単に落ちる、耐久性
鏡面仕上げ 光沢、高級感が出る キズ、指紋がつきやすい

Check--> リテールって知ってますか?

リフォームならぬリテールってご存知ですか?

これは小口修繕サービスのこと。リフォームだと予算も気になるし、DIYだとなかなか大変、という人にぴったりの新しいサービスです。
これは何と言っても低コスト。素材などは自分で決めるため、コンサルやプランニングが不要、その分安く押さえられるのです。

リフォームに関する情報なら今はいろいろ入手可能。
リフォームしたいイメージを自分でしっかり設計して、リテールでそれを低コストで実現しませんか?

リフォームリンク

番外編:コラムの庭

今ちょうど、実家でキッチンリフォーム計画中です。
住宅リフォームも、ただキレイにするだけでなくて、目的がはっきりしているといいみたいです。うちの場合は、コンロ周りが狭いので、動きやすくというのがリフォームのポイント。

また、注目しているのがエコキュートやIHクッキングヒーター(エネルギーのロスが少なく、実はガスよりずっと経済的)。
換算すると年間約2万5000円の発電量を持つ太陽光発電システムも魅力。

あと、デザイナーズハウスみたいな、建築家によるこだわりリフォームもしてみたいです。

キッチン リフォームについて ページの上部へ

このたびは訪問ありがとうございます。
このサイトに関するご意見などお待ちしています。

引越@hikkosu.net

リンクはフリーです。
引越しマニュアル